蒸気機関車

展示場所 外観 車両形式 / 番号 製造所(製造年) 特長
扇形車庫 7100形 / 7105 H.K.ポーター社〈米国〉
(明治13年)
アメリカから最初に輸入された蒸気機関車で「義経」と名づけらた。
本館 1800形 / 1801 キットソン社〈英国〉
(明治14年)
イギリスから輸入された勾配線区用の蒸気機関車。
扇形車庫 1070形 / 1080 ダブス社〈英国〉
(明治34年)
イギリス製、明治期の6200形から改造された蒸気機関車。
本館 230形 / 233 汽車製造
(明治36年)
国産初の量産型蒸気機関車で、国の重要文化財に指定される。
扇形車庫 8620形 / 8630 汽車製造
(大正3年)
日本で最初の量産タイプの旅客用蒸気機関車。
扇形車庫 9600形 / 9633 川崎造船所
(大正3年)
日本で最初の量産タイプの貨物用蒸気機関車。
扇形車庫 D50形 / 140 日立製作所
(大正15年)
1923年から製造された貨物用蒸気機関車で輸送力を飛躍的に高めた。
扇形車庫 C51形 / 239 汽車製造
(昭和2年)
1930年に登場した超特急「燕」を牽引した旅客用蒸気機関車。
扇形車庫 C53形 / 45 汽車製造
(昭和3年)
国産唯一の3シリンダーを持つ大型の旅客用蒸気機関車。
扇形車庫 C11形 / 64 川崎車輌
(昭和10年)
1932年から製造されたローカル線や構内入れ換え用として活躍した。
扇形車庫 C55形 / 1 川崎車輌
(昭和10年)
1935年から製造された中型の旅客用蒸気機関車でC54形の改良型。
扇形車庫 D51形 / 1 川崎車輌
(昭和11年)
1,115両も製造された大型の貨物用蒸気機関車。愛称名「デゴイチ」。
扇形車庫 C57形 / 1 川崎車輌
(昭和12年)
SL「やまぐち」号で活躍する優美なスタイルの旅客用蒸気機関車。
扇形車庫 D51形 / 200 浜松工場
(昭和13年)
日本を代表する蒸気機関車で、現在本線運転のため整備されている。
扇形車庫 C58形 / 1 汽車製造
(昭和13年)
1938年から製造され、ローカル線の旅客・貨物用として活躍した。
扇形車庫 C56形 / 160 川崎車輌
(昭和14年)
1935年から製造された小型の蒸気機関車で、旅客・貨物用で活躍した。
扇形車庫 B20形 / 10 立山重工業
(昭和21年)
戦時中に設計された小型の蒸気機関車で、構内入れ換え用として活躍した。
扇形車庫 D52形 / 468 三菱重工業
(昭和21年)
日本最大の貨物用蒸気機関車で、戦時中の石炭輸送に活躍した。
扇形車庫 C59形 / 164 日立製作所
(昭和21年)
大型の旅客用蒸気機関車で、本機は東海道本線や山陽本線で活躍した。
扇形車庫 C62形 / 1 日立製作所
(昭和23年)
日本最大の旅客用蒸気機関車で、D52形のボイラーを流用して製造された。
扇形車庫 C62形 / 2 日立製作所
(昭和23年)
日本を代表する旅客用蒸気機関車で、本機は特急「つばめ」で活躍した。
扇形車庫 C61形 / 2 三菱重工業
(昭和23年)
自動給炭装置が初めて採用された大型の旅客用蒸気機関車。
プロムナード C62形 / 26 川崎車輌
(昭和23年)
日本最大の旅客用蒸気機関車で、東海道本線や山陽本線で活躍した。

電気機関車

展示場所 外観 車両形式 / 番号 製造所(製造年) 特長
本館 EF52形 / 1 日立製作所
(昭和3年)
国産初の大型の直流電気機関車で、本機は阪和線などで活躍した。
トワイライトプラザ EF58形 / 150 東京芝浦電気
(昭和33年)
戦後を代表する旅客用の直流電気機関車。
トワイライトプラザ EF65形 / 1 川崎車輌
川崎電気製造
(昭和40年)
1965年から製造された直流電気機関車で全国で活躍した。
トワイライトプラザ EF81形 / 103 日立製作所
(昭和49年)
関西から青森までの直通運転を可能にした交直流電気機関車。
本館 EF66形 / 35 東洋電機製造
川崎重工業
(昭和49年)
東海道本線や山陽本線の高速貨物列車で活躍した直流電気機関車。

ディーゼル機関車

展示場所 外観 車両形式 / 番号 製造所(製造年) 特長
プロムナード DD54形 / 33 三菱重工業
(昭和46年)
西ドイツのエンジンと液体変速機を採用したディーゼル機関車。
本館 DD51形 / 756 日立製作所
(昭和47年)
全国で活躍した液体式ディーゼル機関車で、国鉄の無煙化に貢献した。

新幹線電車

展示場所 外観 車両形式 / 番号 製造所(製造年) 特長
プロムナード 0系21形 / 1 日本車輌製造
(昭和39年)
東海道新幹線開業時の車両。世界初200km/hでの営業運転を実現した。
プロムナード 0系16形 / 1 日本車輌製造
(昭和39年)
東海道新幹線開業時に活躍した0系新幹線電車のグリーン車。
プロムナード 0系35形 / 1 日本車輌製造
(昭和39年)
開業時に活躍した0系新幹線電車のビュフェスタイルの食堂車。
プロムナード 0系22形 / 1 日本車輌製造
(昭和39年)
開業時に活躍した0系新幹線電車の先頭車。現在車内は展示室となっている。
本館 100系122形 / 5003 日立製作所
(平成元年)
0系新幹線電車の後継機として活躍した新幹線電車。
本館 500系521形 / 1 川崎重工業
(平成8年)
当時世界最速の300km/hでの営業運転を実現した新幹線電車。

電車

展示場所 外観 車両形式 / 番号 製造所(製造年) 特長
プロムナード クハ86形 / 1 日立製作所
(昭和25年)
戦後初の長距離電車として登場、東海道本線や山陽本線で活躍した。
プロムナード モハ80形 / 1 日立製作所
(昭和25年)
戦後初の長距離電車として登場、「湘南色」と呼ばれる塗色が特長。
プロムナード クハ103形 / 1 日本車輌製造
(昭和39年)
1964年に登場した国鉄を代表する通勤型電車。
本館 クハネ581形 / 35 日立製作所
(昭和43年)
座席と寝台で両用可能な設備をもった世界初の特急用交直流電車。
本館 クハ489形 / 1 東急車輛製造
(昭和46年)
国鉄を代表するボンネット型の特急用交直流電車。

気動車

展示場所 外観 車両形式 / 番号 製造所(製造年) 特長
本館 キハ81形 / 3 近畿車輛
(昭和35年)
1960年に登場した国鉄初の特急用ディーゼルカー。

客車

展示場所 外観 車両形式 / 番号 製造所(製造年) 特長
プロムナード スシ28形 / 301 日本車輌製造
(昭和8年)
戦前に製造された食堂・2等座席の合造車から改造した食堂車。
プロムナード マロネフ59形 / 1 鷹取工場
(昭和13年)
戦前に製造された皇室・貴賓客用の寝台客車で、1・2等の合造車。
引込線 オハ46形 / 13 汽車製造東京支店
(昭和30年)
急行用客車を軽量化した客車で、国鉄末期まで活躍した。
プロムナード ナシ20形 / 24 日本車輌製造
(昭和45年)
寝台特急「ブルートレイン」の食堂車として活躍した。
トワイライトプラザ オロネ24形 / 4 日本車輌製造
(昭和48年)
寝台特急「あかつき」「彗星」などで活躍したプルマン式のA寝台車。
トワイライトプラザ スシ24形 / 1 近畿車輛
(昭和47年)
寝台特急「トワイライトエクスプレス」用として改造された食堂車。
トワイライトプラザ スロネフ25形 / 501 富士重工業
(昭和51年)
寝台特急「トワイライトエクスプレス」専用のA個室車。
引込線 カニ24形 / 12 新潟鐵工所
(昭和51年)
寝台特急「トワイライトエクスプレス」専用の電源車で荷物室を併設。
引込線 オハ25形 / 551 富士重工業
(昭和53年)
寝台特急「トワイライトエクスプレス」専用客車。

貨車

展示場所 外観 車両形式 / 番号 製造所(製造年) 特長
本館 ワム3500形 / 7055 日本車輌製造
(大正6年)
大正時代の大型貨車で、昭和30年代後半まで多く使用されていた。
本館 ヨ5000形 / 5008 川崎車輌
(昭和34年)
最初のコンテナ特急「たから」号の乗務員用車両として使用された。