おすすめポイント紹介!

技術の積み重ねにより発展してきた鉄道。明治5年の開業時より、時代や地域などに合わせて車両や施設、設備が作られてきました。この企画展では、車両や各地に残る歴史的な建築物、土木構造物などを中心にJR西日本管内にある “鉄道遺産” について紹介しています。ぜひ、身近な鉄道風景に目を向けるきっかけにしてください。

開催期間 2017年10月14日(土)~2018年1月28日(日)
開催場所 本館2F 企画展示室

ポイント! 1. トンネルを抜けて橋を渡る!?

企画展示室に入ると、いきなりトンネルが!!トンネルを抜けると、扇形車庫を模した展示室が広がっています。扇形車庫には10の車庫があり、車庫ごとにテーマの異なる空間が広がり、“鉄道遺産” を紹介しています。
その中の一つである “建築” を扱う空間はまるで美術館のよう。見た目にも美しく、また歴史的にも価値のある資料が並んでいます。展示室の出口にはトラス構造の橋が架かっており、最後まで鉄道遺産の世界を体験いただけます。

ポイント! 2. 地元はどう?案外身近な内容!

展示室壁面にずらりと並ぶ写真。これらは、JR西日本管内の鉄道遺産です。ここでは、鉄道記念物や登録鉄道文化財など、全てを網羅し地図で紹介しています。車両はもちろん、駅舎や記念碑、駅名標など様々なジャンルのものが遺産になっているのがわかります。よく見ると、いつも乗っている路線に特別な橋やトンネルがあるかもしれません。ぜひ探してみてください。

ポイント! 3. 初公開多数!いつもは見られない “資料” の魅力

今回の企画展では、初公開の資料がたくさん展示されています。どれもとても貴重なものですが、「車両」がテーマの展示室には0系新幹線やキハ81形ディーゼルカーの模型など当館展示の車両がたくさん!大きく見ごたえがある実物車両に感動した後は、模型で全体像をじっくり観察してください。中身が見える模型もありますよ!

この企画展は2018年1月28日(日)までの開催です。ぜひご覧ください。

ミュージアムレポート一覧に戻る